カスタムパーツ(ジャイロ・シグナス・ズーマー用)をお探しならおしゃれなシートカバーからスピードアップに役立つ商品まで幅広く取り扱う【UPS】~タイヤの交換時期~

カスタムパーツ(ジャイロ・シグナス・ズーマー用)をお探しなら~おしゃれなデザインのシートカバーも販売~

カスタムパーツ(ジャイロ・シグナス・ズーマー用)をお探しなら~おしゃれなデザインのシートカバーも販売~

カスタムパーツジャイロ・シグナス・ズーマー用)を購入したいとお考えなら、おしゃれなデザインのシートカバーやタイヤまで幅広く取り扱う【UPS】をご利用ください。

バイクパーツ選びによって、見た目を変えることはもちろんスピードアップを図る事もできます。

ジャイロ・シグナス・ズーマーなどのパーツを豊富にご用意しておりますので、カスタムをお考えの方はお気軽にご利用ください。

ジャイロのカスタムパーツでスピードアップに効果のある商品をお探しなら

ジャイロのカスタムパーツを取り扱う【UPS】では、スピードアップに効果のある商品もご用意しております。

バイクの性能と見た目の向上のどちらも叶えられる商品を取り扱っておりますので、カスタムパーツをお探しの方はぜひ【UPS】をご利用ください。

タイヤの交換時期はどう判断すればいい?

タイヤの交換時期はどう判断すればいい?

タイヤはゴムでできている消耗品のため、定期的に交換しなくてはいけません。4輪の車と比較してもバイクはタイヤの数が少ないため、安心・安全に運転するためにはタイヤを適切な時期に交換する事が大切です。

交換の目安として一番に確認するところがスリップサインです。これはタイヤの摩擦が進んで溝が削れている事を知らせるサインですので、このスリップサインが出たら早めに交換しましょう。

スリップサインが出ていない場合は、タイヤの製造年週を確認しましょう。一般的にタイヤの耐用年数は約3年と言われます。これは時間が経過する事でゴムが経年劣化し弾力が弱くなり、性能が落ちてしまうからです。タイヤの製造年週は、世界共通でタイヤの横に刻印されております。タイヤ横に刻印される4から6桁のセリアル記号を確認し、この製造年週から3年以上経ってしまっている場合は経年劣化が進んでいる可能性があります。

この他にも、長期間の放置でタイヤの側面(サイドウォール)がひび割れや、タイヤが変形している場合は破裂する危険もあるので早めに交換しましましょう。

お役立ちコラム

ジャイロのカスタムパーツをお探しなら

販売業者 UPS(アップス) ネット販売事業部
所在地 〒565-0853
大阪府 吹田市 春日 2-1-3
電話番号 050-3593-8224
URL http://www.ups-kobe.com/

サービス一覧

投稿記事がありません。

製品一覧

投稿記事がありません。